ぐーたら主婦が自閉症児を育てるお話

3歳で自閉症と診断された息子との生活が辛くダークサイドに落ちたぐーたら主婦のブログです。

ワンオペ里なし 2人目出産 当日の様子

出産当時はワンオペに加えて実家が遠方の私は途中まで発達障害の長男と2人で出産に挑む事になりました。

妊娠期間編はこちら

www.necojirou.net

それは38週ちょうどの土曜日の朝でした。

何となくいつもと違う張りで直感的に陣痛だと思った。

【午前10時】

すぐに病院には行かず、メルカリの発送をしてセブンイレブンでおにぎり100円セールだったので買い込んだ。

駐車場で、あーいよいよだと分かったので産院に連絡。何もせずに急いで来いと言われたけど、一度家に帰って色んな準備をして、フユタと話をした。

「赤ちゃん産まれそうだから、ママは病院に行かなきゃ行けないの。フユタ君パパが来るまで病院のお部屋で待ってられる?」

「一人で…?」

「もしかしたら一人かもしれない」

「パパすぐ来るかな?」

「すぐ来るようにお願いするから」

この半年のフユタの成長はすごかった。 

でも半年前のこの時はまだ不安感が強すぎて知らない場所で一人で待つなんて到底無理。

 

夫に連絡したら、奇跡的にその日は病院と同じ市内だったので

何が何でも来てくれ!と電話でお願いした。

病院にはすぐに来るように言われたけど少しでも夫が来るまで時間稼ぎしなきゃと思い、家でフユタと待機。

そして30分後くらいに病院に向かうためタクシーに乗り込んだけど、不安でたまらない様子のフユタはぼんやりと窓の外を見ていました。

フユタと二人最後の日か。

2人でランチしたかったけどダメだったなぁ。そんな事を思いながらフユタの手を握っていました。

【午後12時】

病院に到着。

内診している間は看護師さんがフユタを預かってくれて、大人しくおもちゃで遊んでいた。

 

私は即入院になり、フユタと離れ離れに。

病院に何とか夫が来るまでフユタをお願いしますと頼み私は出産に挑んだ。

夫がいつ来るのか、フユタは大丈夫か

赤ちゃんの事よりその事ばかりが気になり不安な思いのフユタを思うと泣きそうになりました。そしてそれから30分後くらいに夫が到着。フユタにおにぎりを食べさせて連れ帰ってもらいました。

フユタの様子を聞いたら、病室に興奮してテンション上がり過ぎてたそうな。

えー!!

でも良かった。これで私は安心して赤ちゃんを産める。次の日は日曜日だから夫にも休んで貰える。私はゆっくり眠れる!

しかし世の中そう上手くは行かなかった…

【午後3時】

進まないねぇと助産師と話てたら急に間隔が短くなりギャー我慢できません!ってくらいの痛みがきて分娩室へ

【午後4時】

2回いきんだらスポンと産まれた!

普通にめちゃくちゃ痛かったけど、長男の時に比べたら全然楽でした。

2400gちょうどの小さな男の子。

この子頭でかいよ!と助産師さんに言われました(笑)

 

こんな感じですみませんが、本当に楽だったもんで出産自体はあんまり思い出せないのです…。

最後の1時間はもちろん苦しんだんだけど。

フユタの出産は今でも小一時間語れるくらいハードだったのに!

思ったよりスピード出産だったから夫と長男をすぐに呼び戻す事になったけど、

少しお昼寝出来たみたいでフユタは元気でした。

産まれた赤ちゃんより本当にフユタの事ばかりだったなぁ。

赤ちゃんと対面したフユタは思っていたのと違っていてびっくりして引いてたそうな。 

たしかに産まれたての赤ちゃんってしわしわでお猿さんみたいだもんね(笑)

ここ数日出産ラッシュだったようで、杖をついてヨロヨロ歩いてるママが何人もいましたが、私は産んだ直後からスタスタ歩けました。

夜ご飯をみんなで食べて、夫とフユタは帰宅。初めて私と離れ夫と寝るフユタ。心配だったけど意外とあっさり帰ってゆきました。

ゆっくり寝るつもりだった私はフユタと離れる寂しさで1人泣いて全く寝れません。産後のメンタルってヤバいです。

 

そして夜10時

フユタ寝たよと連絡あり、一安心した時に

助産師がやってきた。

「ちょっと赤ちゃんの事でお話が…

実はね何度か赤ちゃんの呼吸が止まっちゃったの。何ともないと思うけどちょっと怖いからNICUにある病院に搬送する事にするね。」

と言った。

 

!?

 

事態が飲み込めない

保育器に入ってたから次男 ゴマちゃんに会えてなかったのにこのまま違う病院に運ばれると!?

急いでゴマちゃんの元へ

可愛い可愛い小さい手が私の手を握りました。

とても穏やかに見えるけど、ミルクをあげると呼吸を忘れて顔が紫色になってしまい、当直の看護師が怖い思いをしたと言われました。

その時横にいた助産師が、

「38週までお腹にいたのに何で2400gしかないんだろうね。何で早く出てきちゃったんだろう。あなた妊娠中全然元気なかったって聞いたけどそのせいかもね。」

と、言ってきた。

私のせいなのか。え?そうなの?ゴマちゃんよごめんなさい

NICUに入るのに誰か行かないといけないので夫とフユタをまた呼び寄せゴマちゃんは救急車で運ばれてフユタは私と一緒にお泊りになりました。

あっという間に運ばれたゴマちゃんの事が受け入れられず、夫から連絡が来るまで全く眠れません。当然ですよね。

寝ている中起こされ連れて来られたフユタはまたすぐに寝付いてくれました。

数時間後、検査したけどどこにも異常は無かったとの報告があり一安心。

経過観察のためこのままNICUに入院する事になりました。別々に入院になってしまったけどゴマちゃんがいない間に体休めようとプラスに考えましたが

この後さっき助産師さんに言われた言葉がぐるぐる頭を回って3日間眠れないという最悪のメンタルになりました。

産後編に続きます

 


にほんブログ村