ぐーたら主婦が自閉症児を育てるお話

こんにちは。3歳で自閉症と診断された息子との生活を綴るブログです。私はかなりのぐーたら主婦ですが、ぐーたらなりに長男フユタについて勉強したことや次男のこと、日々の生活を書き残しておきます

朝から長男を怒ってしまいました 《反省日記》

今朝は起きたら外は真っ白!雪が降っていました。

我が家は雪国。なのに去年も今年も暖冬で雪かきは殆どしていません。

久しぶりに雪が積もったので朝から雪かきをしたため朝は少しバタバタでした。

もうすぐ5歳!自立心が芽生える

雪かきしてくるから、保育園の準備しておいてね〜と一言伝えて庭に出た私。

直前までゴマちゃんの隣でゴロゴロ転がっていたから全然期待なんてしていませんでしたが、戻るとちゃんと用意して玄関で待っていてくれました!偉いよフユタ!

冬休みが終わってからフユタの心はとても安定していて、昨日は何と自分で食べ終わったお茶碗とお皿を流しに持ってきてくれました。

もうすぐ5歳でしょ?

保育園の用意を自分でやるのも食べたお皿を片付けるのも当たり前でしょ?

と思う方もいるかもしれません。でもフユタは発達障害でやりたくない事は一切やらない子です。

保育園の準備もいつもは面倒だからなかなかやらないし、食べたお皿を下げる事なんて私はまだ教えなくてもいいと思って「やりなさい」と言ったこともありません。

だから、凄いんです。偉い!と誉めまくる私。

フユタも嬉しそう。

発達障害の育児をしているとこのようなほんの少しの成長がめちゃくちゃうれしいんです。

普通の子を育てていたら出来て当たり前と思って誉めたり喜んだりしていなかったかもしれません。

変なこだわりが発動

そんなお利口なフユタでしたが、気に入らない事がありました。

先日夫が車に乗ったとき、Bluetoothで自分のスマホと車を接続したようで

私たちが車に乗ると「携帯電話が接続されていません」と言うようになってしまった。

それが嫌だったようで、何とかして欲しいと昨日からフユタに言われていました。

車に乗ったら設定見るね。と約束したので雪かき後に車の設定を見てみましたが、なるほど、全然わからん。

私はどうでもいい事だと思ったのでフユタにごめん!わからない!パパにやってもらおうと謝りました。

すると今度は変にいじったせいでいつも見ていた音楽のDVDが再生されなくなってしまったのです。

あれー?なんでー?

と設定を見ていたけどわからないのでDVDを一旦取り出してまた入れたら無事に再生されました。

良かった良かったと車をスタート。

するとフユタが

「さっき見ていた所と違う!!」と、DVDがまた始めからになってしまった事に怒りだしました。

設定がうまくいかずイライラしていた私は、

「今やってた事見てたでしょ!?いつも見てるやつなんだからまた最初からになったっていいじゃない!」

と怒ってしまった。

「ママごめんね。怒らないで」

「ママもごめんね」

とお互い謝ったのにその後もブツブツ文句を言うフユタにイライラ。

「何でできないの?スマホで調べてよ!」とさっきのBluetoothの話をまた出してきました。そのあとに「チョコ食べてない!」と怒りだしました。

いつもGABA入りチョコを保育園に行く前に食べているのですがこの騒動で忘れていました。

運転中なのでチョコを取り出せない私とチョコを食べていないと怒るフユタ。

おまけに道路は凍っていて慎重に運転しないといけない。

イライラ・・・でもチョコをあげるのを忘れていたのは私なので路肩に止めてチョコをあげた。

しばらくするとまたDVDが始めからになったと言い出したのでプチンと切れた。

「じゃあDVDどの曲からだったかわかるの?覚えてるの?ママは覚えていません!!」

「覚えてない」

「はぁ?じゃあ無理じゃないの!!」

と、大人げなく声を荒げてしまいました・・・。

文章にするとすっごく下らないケンカですね(笑)

 さいごに

私がフユタに望む事はただ毎日楽しく過ごしてほしい。これだけなんです。

お勉強なんかできなくてもいいし、運動なんかできなくても生きていける。そう思っています。

なのに朝保育園に行く前に怒ってしまい、暗い気持ちで登園させてしまいました。

すごくダメな母親です。

スーパーとかでダダをこねる子を優しくなだめているお母さんを見ると、こんなお母さんに育てられたらフユタはもっと穏やかで自己肯定感の高い子に育ったのかな・・・。

と思ってしまいます。

 フユタは上手く切り替えて遊んでいるかな?自分で怒っておきながら心配でしょうがない母なのです。私はブログに書いたことで気持ちを切り替えようと思います!