ぐーたら主婦が自閉症児を育てるお話

こんにちは。3歳で自閉症と診断された息子との生活を綴るブログです。私はかなりのぐーたら主婦ですが、ぐーたらなりに長男フユタについて勉強したことや次男のこと、日々の生活を書き残しておきます

保育園に鬼が来る!前夜の長男の様子

毎年恒例のようですが、今日長男フユタの保育園に鬼がやってきます。

去年は風邪をひいて休みだったので今回初めての節分の行事。他のお母さんから聞いた話によると、この鬼が無駄に本格的で夜泣きしてしまう子や登園拒否になる子が毎年多数出るそうです。

怖がりのフユタは今日一日乗り切れるのでしょうか。

鬼がやって来る!

少し前から鬼が来る前段階で、鬼からの手紙が保育園に貼ってあり、

ついに昨日は鬼のでっかい手形がホールの窓に貼られていました。それだけで泣いてる子もいました。

別に特に動揺してなさそうなフユタだったので、普通に明日鬼が来るんだね〜。と言ったら凄い勢いで「鬼は来ないよ!!来ないって言ってるでしょ!!」と怒り出しました。

先生が、「明日鬼が来るんだよ?だからみんなで頑張ってやっつけようね!」と言ったら黙っていましたが、どうなる事やら。

鬼襲来の前夜

そして昨晩寝る前。

夜ご飯中は普通だったのに、お風呂から出た後から様子がおかしくなってきました。

なかなかお風呂から出ないフユタに夫が、「お風呂先に出るよ〜」と声をかけただけで大泣きしたのです。

その後も普通に何か話かけるだけで大号泣!

確かに眠いと機嫌が悪く何でもいちゃもんを付けてくる事はよくありますが、

ここまで酷いのは初めてで全く会話になりません。

何とか担いで布団に連れて行きましたが、布団の中で私の顔を思いっきりつねってきて、やはり会話にならない。

だからおやすみと言って反対側を向きました。

いつもならこれが寝る合図で、その後は話しかけてきたりしません。

でも昨日は1人布団で大号泣。泣きすぎてヒックヒックなってしまい、寝れません。

一体どうしたんだ!?フユタよ…。

少し様子見した後大丈夫?と声をかけたら眠りにつきました。

先に寝ていた次男ゴマちゃんは泣き声で起きてしまい、只ならぬ空気を感じ取ったのでしょうか。

その様子をジッと黙って見ていました。

ちょっと眠りが浅かったけど良く寝ていたのでホッとしましたが、このおかしな様子についにインフルエンザになってしまったのか…!?

と布団の中でモヤモヤして私はよく眠れませんでした。夜中に熱が出るかもと、何度もフユタの体温を確認。熱は無さそう。じゃあ一体どうしたんだろう?

今朝の長男の様子

朝フユタより先に起きてゴマちゃんにミルクをあげながら夫に寝る前も大変だったんだけどと話をしました。すると

「多分鬼が怖いんだと思う…」

あ、そうか!

鬼が来ることなんてすっかり忘れていた!

人一倍怖がりだけど、5歳になったからと最近強がるようになったフユタは鬼が怖いと私には一切言いませんでした。

節分の行事は初めてで経験が無い分、どんな鬼が来るのか分からず想像しただけで恐怖だったのでは無いでしょうか。

朝はやはり少し機嫌が悪い。うっかり昨日泣いてたねと話しかけてしまい、そこからいかに自分が悲しかったか、私がどれだけ酷い事を言ったかを語り出しました。

いや、私何も言ってませんから!!

よくわからないけど、そうだった?ゴメンね。と謝っておきました。

さいごに

そんな登園拒否になるほど本格的な鬼、保育園に必要なの…?

心の中で思うだけで誰にも言いません!なぜなら私はチキンですからね!

フユタはとても繊細で怖がりです。オバケや鬼が怖いはずなのに、保育園から借りて来る絵本は鬼やオバケの絵本ばかり(笑)

怖いけど興味がある、オバケや鬼は怖いものじゃないと思いたいが為に絵本なのかな〜?

今日一日元気に過ごしてくれるといいなと願う母でした。