ぐーたら主婦が自閉症児を育てるお話

3歳で自閉症と診断された息子との生活が辛くダークサイドに落ちたぐーたら主婦のブログです。難しい息子を育てて経験した事や日常のことを綴ります

発達が遅い次男1歳1ヶ月、指差しの練習を開始

全くもっていつまでも赤ちゃんな次男に何か出来る事はないかと考え…おもちゃの遊び方(赤ちゃん用)と絵本で指差しを教える事をはじめてみました。

指差しの練習に使っている絵本

まず定番のこちら『こどもずかん』

f:id:maiki5822:20190715143845j:image

f:id:maiki5822:20190715143854j:image

フユタの時に言葉を教える&指差しの練習で使い込み、ボロボロです。

フユタはこの写真のぞうや、果物のページのスイカなど大きい絵に反応して指差しするようになりました。でもその時1歳半

ゴマちゃんは1歳1ヶ月…

そもそもあまり興味を示してくれません。

 

お次はこちら『きんぎょがにげた』

これも定番ですよねー!フユタが大好きだった絵本ですが、やはりゴマちゃんは興味無し。でも少しでもみてくれたらいいんです!

そう思って虚しく金魚を『いたいた〜!』と指差す私。

f:id:maiki5822:20190715144440j:image

これ、ちょっと金魚がわかりにくいかな?と思い新しい絵本を買い足しました!!

 

新調した絵本、『ゆびさしちゃん』

f:id:maiki5822:20190715144547j:image

見てください…

昨日買ったのにもう噛み付かれてボロボロです(泣)

f:id:maiki5822:20190715144619j:image

f:id:maiki5822:20190715144631j:image

ゆびさしちゃんが黒くて丸い物体なのでわかりやすい!これならゴマちゃんでもわかるのでは!?

と思いましたが…

やはり興味無し

少し前は絵本好きだったよね!?

笑ってみてたじゃん!!

なんで!?

私の必死さが伝わってしまったのだろうか…。

しかし私は諦めません。

フユタも必死で教えていたら指差しするようになったんだから、ゴマちゃんにも頑張って教え込む!!

※普通は自然とはじまるものなので、教える事に意味があるかは不明です

それでも何もやらずに後悔するのは嫌なので、色々やってみようと思います。

おもちゃの遊び方を教える

うちにあって、ゴマちゃんでも出来そうなおもちゃがこちら

『くるくるチャイム』(ピンポン玉で代用)

ボールを無くしたので100均で購入したピンポン玉で代用。少し動きが遅いですが、ピンポン玉でいけました!

私とフユタがやっている姿を見せ

玉を持たせて何度か誘導していたら、自分でやるようになりました。

しかし!

ぽいっと適当に入れるので、3回に1回くらいしか穴に入りません(笑)そして入らなきゃ諦める。

やっぱり君も不器用なのか…

このくるくるチャイム、クローゼットの奥から引っ張り出してきたのですがその理由はゴマちゃんのクラスの子が1歳すぎ位に似たようなおもちゃで遊んでいたからです。

すなわち、ゴマちゃんの月齢なら出来るはず!

と思い探し出しました。結果大正解!おもちゃや物に興味が薄いゴマちゃんが興味を示した。私が側にいなくても自分でボールを入れようとする姿も見られました。

何歳何ヶ月で何が出来るかって個人差がありわかりにくいですよね。これからも保育園の子たちを参考にさせてもらいます!

さいごに

こんな感じでゴマちゃんに対しては働きかけをしてあげないと伸びなそうだなぁと日々感じております。楽天的な夫が『ゴマちゃんて、ヤバそうだな。知的は大丈夫だろうか…』と心配するくらいにいつまでも人間ぽくなりません。

でも、0歳の頃ミルクも母乳も飲まず、離乳食も食べず。0歳前半は1日のほとんどを寝てすごしていたゴマちゃん。生きたいという力を全く感じませんでした。

 

www.necojirou.net

 

しかし!今はたくさん食べ、たくさん要求してきて、ちゃんと生命力を感じます!それだけで本当に嬉しく思います。

先日はラップを食べて息ができなくなって大騒ぎ。今日はチラシをかじって吐きました。何でも口に入れるのはいつまでなんだろうか。

ということで、やっぱりまだまだ我が家の次男は『あざらしのゴマちゃん』です

f:id:maiki5822:20190715151913j:plain